Maiko%20Yokokawa_edited.jpg

誰もが"らしさ"で輝ける世界を目指して

想いはあるのにうまく伝えられていない...自分の魅力がわからなくて、自信がもてずにいる...方向性は素敵なのに、タイミングがあわず流れてしまうアイデア...。

可能性を秘めているにも関わらず、思わず「もったいない!」と叫んでしまいたくなるような状態を、たくさん目にしてきました。

「もったいない」を無くす上で最も重要なことは、可能性を信じて突き進み続けること。

でも、自分ひとりで可能性を信じ続けながら、あれもこれもこなしていくことは、想像以上に大変なことです。だからこそ、その人以上に可能性を信じて支援する存在が必要だと考えています。

たったひとりが取りうる選択肢は、無限大です。その選択肢を、最初から諦めてしまうことはもったいないと思いませんか?

誰がなんと言おうと、人生はあなたのもの。ビジョンを引き出しデザインするチカラで、あなたの人生を、あなた自身の手で輝かせるお手伝いができれば幸いです。

PROFILE

名称未設定のアートワーク 12.png
Photos%20On%20Smartphone%20Pinterest%20G

横川 真依子

Maiko Yokokawa

ビジョンデザイナー / グラフィックレコーダー

1992年生まれ、福岡県出身

国際政治を学ぶなかで文化の可能性を感じ、慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科に進学、伝統工芸の研究を行う。

在学中、『世界で最も幸せな国』とされるデンマークへの留学も経験。リュック1つで計12カ国をめぐり、本質的な豊かさや幸せとは何かを考えさせられる。

 

卒業後はIBMにコンサルタントとして入社するも、デザインの力で問題解決を行うため、デザイナーに職種転換。アプリケーションのUI/UXデザイン、デザイン思考を用いた新規事業開発を担当する。

 

同時期にバンタンデザイン研究所に通い、グラフィックデザイン、空間デザインを学習。多方面のデザインに触れ、デザインの本質と向き合う。

 

2019年より「誰もが自己実現できる世界を創る」ことを掲げるプロノイア・グループ(株)に所属。

 

多領域を横断しながらキャリアを重ねる中で、いかなるときも自分の可能性を信じることや、自身が取りうる選択肢の幅を増やすことの重要性を痛感。定説に縛られず、自分らしく瞳を輝かせながら生きる人を増やすべく奮闘中。

HISTORY

2012年

学部のゼミで国際政治/外交(日米安全保障〜文化外交)を専攻

2013年

外務省主催「大学生国際問題討論会2013​」において最優秀賞受賞

2015年

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科入学

2016年

デンマーク コペンハーゲン大学に研究留学

2017年

研究論文「伝統工芸の社会的・経済的価値の探求」を執筆、優秀賞受賞

2017年

外資系IT企業IBMにコンサルタントとして入社

2018年

UI/UXデザイナーに転身。iOSを中心としたアプリケーションデザイン、

デザイン思考を用いた新規事業開発に携わる

2019年

プロノイア・グループ株式会社で副業開始

2020年〜

プロノイア・グループ株式会社に転職、ビジョンデザイナーへ。